Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2016*07*07(Thu)
金田一少年の事件簿R 白蛇蔵殺人事件第4話感想(週刊マガジン32号)
〝シリーズ屈指の難事件とマニアの間でも話題沸騰〟
で。マニアって誰。

担当さんが変わったんですかね?なんかデザインから色々イメチェンされてて良い感じです。
上記の煽り文も今までにない感じだし、サブタイの上になんかCASEFILEでナンバリングされてるし。
しかも表紙に書かれた煽り文は何やらうねうねとカリグラフィーみたいに装飾されてて本編にまではみ出てる。
ダイナミックさと、逃れられないミステリアスを感じさせ、雰囲気ある~v
S字にうねるあたり、蛇を模しているんだろうか。

どうしちゃったの。金田一強化月間か。
こういうアイディアはすごく好きです。大人の遊び心を感じるし。
久しぶりに武骨に載せるだけじゃない心意気が感じられて、こっちまで煽られました~vv

ってだからマニアってどこを指してんだ。


第4話。
今回はようやく酒造家族に突っ込んだ話となってきました。
蓮月が失踪する前のここの状況を、黒鷹さんの口から聞きだすという展開。

「失踪前の蓮月さんと左紺さんのトラブルについて・・・」
「そんな話一体誰から聞いたんだ」
「いや、蒼葉さんからそう聞いて・・・」

いやいやいや!待て待て、オッサン。
それは只のぼやきであって、そこでナチュラルにタレこみ源を漏らすなよw
あっさり過ぎてちょっとウケる。
蒼葉の立場が悪くなるとか、ちょっと気を使ってやれよ。


そんな黒鷹さん。
腕に白蛇に入墨。
かなりこの酒造りに精魂込めて尽くしちゃってると見た。
こういう人は酒に多大な信仰心があるから、犯人じゃないな。


んで、でました経営争い~!
流行ネタのような気もするのに、酒蔵という老舗感が、妙に古臭く感じさせる。

代々家長制度だったのに、才能がないからと次男へ経営権を譲ると当主は判断。
まるでどこかのお家騒動を彷彿とさせる。
それが5年前のある日、蓮月が例の火事に合うと。
その時、(何故か突然出てきた)三男・黄介と共に、二人は失踪。
直前に左紺にメール。

それ怪しい!絶対怪しい!!

どう見ても偽装メールっぽい痕跡をGPSと共に残し、左紺独り勝ち。


もしかしたら、この黒鷹さんは、最初の失踪(火事)の方には手を出したかもしれんが
この口ぶりなどの反応からして、今回の件は無関係と見た。
むしろ事件は彼への見せしめかとか考えた。

誰が犯人か?という意味において
この黒鷹さんと鷺森さんが、現時点のグレーゾーンだ。



「どう思う?オッサン、美雪、さっきの黒鷹さんの話・・・」
「俺の勘だとどうもその三男の黄介とやらが事件のカギを握っているように思えるな」

いやいやいや!だからオッサン、それ、勘とかの類じゃねーから!
普通に誰でも思うとこだ!
爆笑。なんか今回のオッサン、元気に空回っている。

白頭巾の男が三男・黄介だったらと閃いた美雪ちゃんの方が、確かに的を得た解釈をしていた。

そして、こうやって閃いた美雪ちゃんの呟きをさらっと褒めるはじめちゃん。
こういうとこ~//////
こういうとこ、すっごく好きなんですよ~/////
二人の関係性がちょっとあったかい。
特に、優等生で褒められ慣れしている筈の美雪ちゃんが、擦れずにはじめちゃんに褒められて
いっつも嬉しそうな顔するんですよね~v
そのリアクションがもう可愛くって!


でも冷静に考えると
物語的には、美雪ちゃんにこの線を指摘させたということは、この可能性を消したってことですよね。
やっぱり蓮月は蓮月だったんだろうな。

DNA鑑定っていうのが確かに今シリーズのネックである。
オッサンが追っている犯罪者との関連性はこの際どうでも良いですが(え、そうなの?)
サンプルを擦り返ることが出来れば鑑定捜査も誤誘導出来る。

誰かが予め結託していて、蓮月を装う相手と左紺のサンプルを使って鑑定させたりすれば
普通に親子鑑定出るんじゃないだろうか。

左紺のサンプルなんて、この蔵じゃ、腐るほど出てきそうだしな。


となると、怪し過ぎて怪しくなかった(笑)左紺が本格的に利用されている気がしてきましたが
なんと最後に死体で発見!!
来たー!!
出たー!!
やっぱり死んでたよ!そんな気がしたよ!
この蔵はこの家族に任せてらんねぇ!的な!蔵は俺が護る!的な!
やっぱり乗っ取りかーっっ。(違)

左紺さんは実は協力者で、口封じに消されたとかだったら、面白そうだ。


まあ、私の好みは置いておいて。
スマホのGPSも、告白メールも、どちらも黄介の存在を肯定したものとはならない。
となると、誰が偽装したかということになりますが
蓮月と黄介の双方の死体が出てきていなかったというのも、不気味なファクターですね。
どうとでも転びそう。

そして、蓮月も左紺も、樽の中で白蛇に准えて殺されていることもメッセージ性が強い。
この画、見開きですんごかったですけど
カラーでみたらもっとおぞましい感じに仕上がりそう。

画といえばー!
どうしたどうした!なんか急激に綺麗に丁寧にレベルアップしてて感動でした!!
やっぱり年齢層高い筈なのに学生レベルな雰囲気ですが
はじめちゃんも美雪ちゃんも気合い入れて描いてある~v嬉しい!
どうしたんだろう!すっごく可愛いよ!先週までとは別人が描いているようだ。

それに、なんだか一緒のコマが多く、そのチョイスが嬉しい。
この感じを維持して次回も期待して待ってます!


話が逸れた・・・。
で。

黄介は読者を惑わせる要素のひとつであって、この先も重要に関わってはこないだろうと思っている。
唐突すぎるし、何より、大体、黄介、お前の才能はどうだったんだとか突っ込みたい。
蓮月でもチャンスがあるなら俺も、とか考えなかったとは思えないし
左紺にそこまで入れ上げる理由が希薄。
あのメールは左紺の自作自演にしか見えないしな~。

黄介は殺されたとして、なら彼の遺体はどうなったのか?
これで蓮月も豹変して、頭巾シリーズ(?)の名作・『からくり屋敷』みたいになったらどうしよう。
人物描写に注目したい。

ストーリーも今のところ大満足。
煽り文の『マニア』がどこを指すのか分からないけど、久しぶりにミステリアスなのは確か。
巻末コメントで、キバヤシが、「涼しくなるような、ちょっとゾクッとするお話が読みたくなりますね」なんていうから
そういうオカルトチックな、ちょっと悲しい感じのオチも付くとか期待する。
いやはや楽しくなってきた。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1044-6466c4e2
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。