Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2016*07*05(Tue)
ドクターX スペシャル 感想
まずくそ暑い7月放送になぜ真冬設定にする?脚本意図が恐ろしく謎だ。

さっむーい!とか言われても羨ましいとしか今は思えなかったし、見ているだけで熱中症になりそうだった。
コートも可愛いけど今は画面が暑苦しい。


でもでも!それ以外は楽しめました~!わ~!久々の破天荒ワールド!
特に勝村政信さん鈴木浩介さんの加地先生&原先生のゴールデンコンビが大好きで!
2人のアドリブっぽいやりとりと立ち位置と、相変わらずの活躍に笑わせて貰いました!
やーっぱいいなぁ、この二人!

このドラマの脇は私的にロイヤルストレート。
勝村政信さん鈴木浩介さん、何もしなかったこそ出世しちゃった海老名教授こと遠藤憲一さん。
これで渡辺いっけいさんもまた出てくれてたら神技である。
更に西田敏行さんまで、ちゃんと出てくれた上に、肉映像~!これがなくっちゃ!寿司じゃ脂が足りないっ。
なんて贅沢なオールキャストなんだろうか。

抜群の安心感に感動レベルですらある。

推し俳優さん等はない人間なので普段ドラマを見る時に然程役者さんには拘らないのですが
このドラマだけは別!
名俳優さんたち勢ぞろいでもう楽し過ぎたよ~っっ!!
良い役者さんの宝庫です。そしてみなさん、さすがな演技力でした。大満足。

そして生瀬さんの無駄使い・・・。


また、今回のゲストはビートたけしさん。
確かに無言のシーンは迫力出る方でした~。いるだけでオーラが違う人のひとり。
冒頭、未知子と廊下で擦れ違うシーンなんか、立っているだけなのに、目を引く画だった。

キスシーンからの登場でキスシーンで終わる退場は、一貫したキャラが垣間見えて
面白くもあったが、その懲りない性がストーリーに活かされていたかは疑問。
別に、貪欲なまでにスタンスを変えない身勝手さや、軽さよりも
全体としてのイメージは、不器用な男の生き様という感じだった。
だったらもっと別なカットで彼の内面を補足するようなシーンでも良かったのでは。

例えば、おでんを一人で喰うシーンなんか、良かったけどなぁ。
このご時世で、屋台だよ。肉食を描くドラマで、おでんだよ。
今までとは違う敵キャラでした~。

無言のシーンは存在感があり、屋台が似合う似合う。
けど、どうも台詞の滑舌が悪いのが難点・・・。
声も太い方ではないので、どうもこれまでの黒幕と比べ一味違い、立ちふさがる壁という印象は薄い。
彼の目的は分かったが、そこに入れこむ執念や志というものが
金でも何でも、今までの敵役さんのように強く感じさせられなかった。
そんなことより、結局彼の目的が彼自身の野望としてきちんと伝えられてこなかった方が
ドラマの統一感として希薄すぎた。

でもこんなもんか。SPだし。
たまにはこんな変化球もありかな。

ドクターX。
これは、焼き肉のように油に塗れた己の欲望に邁進する人間と
そこに同じく一匹狼を貫く人間の、本性同士がぶつかりあうドラマである。(そうだっけ?)



今回の舞台は北陸。
だから冬が似合うとでも言いたいのか。
景色は美しく、料亭の豪華さも違和感なく、映像的には綺麗でした。

そこで、再起を掛けて外科手術を決意するフィギュアスケーターの男性を
外科的治療にするか内科的治療にするかで対立が起こるというお話。

治療方針を外科的な手術か、薬物投与かの議論はドラマのおかずであってメインではないが
外科的手法を野蛮だと表現し、いずれは薬物治療が主流となるという主張は
現代医学の限界を論じてもいるようで、ちょっと面白かったです。

医療ドラマならよく扱われるテーマですし、特に珍しくもない議論だったですけど
このドラマならではの極論な言い方で、信仰心たっぷりに言い切るシーンは狂気的。
そして「御意」で威圧するシーンはお馴染み圧倒的。

こういう独特の世界観の誇張が、このドラマの味なので、そういうところはたっぷり堪能しました。


ただ、勿体ないかな、ちょっと長いだけでテンポが悪く爽快感がないのがいつもの満腹感を軽減する。
未知子が襲われ、武器の右手を骨折するという、ドラマならではの重大シーンがターニングポイントだろうに
そこの演出も下手くそで、盛り上がりが平坦。
なにかが、淡々と流れていく印象。
マタギ生活も長かったし、意味が分かりづらい。

そもそも、骨折し、使命が果たせなくなったことで
未知子が初めて「私、失敗したので」という、恐らく最初で最後だろう、台詞を口にする。
そこから、ダラダラと、特に何がある訳でもない山奥の生活シーンに入るわけですが
何故、山奥?

そして、そこで何を得たのか?とか、具体的な展開もないまま、別れに涙で。唐突に終わる。

え?なんだったの?
マタギ生活にした意味は?
俗世間から逃げたかったことと、彼女の心理変化が繋がらない。
一応、心を癒されたのかなという視聴者の理解に委ねられた展開で、卑怯の一言しかない。

そもそも、骨折して武器を失ったことで、未知子がどう思い、どう悩んだのかが
全く描かれないんですよね。
「怪我した野生動物みたいだな」というマタギの兄さんの台詞で
ああ、戦う本能を失った動物が、怯えて隠れているかんじか、とは思うものの
ここも、結局明確な表現はないし、無駄に尺を長く取っているから、間延びしてしまう。
未知子がどの程度落ち込んだかが、曖昧なままに進むので、復活の爽快感が薄いったら。

・・・・いや、マタギの兄ちゃんがいやにカッコイイ男なんで、エロいこと想像しちゃいそうだったよ・・・・。

このドラマにシリアスな部分に対し、深読みすることを期待するのは筋違いだとは思うものの
今回のメインが、どう見ても未知子のピンチからの脱出だったと思うので
そこはしっかり描いて欲しかったと言う願望。


患者のフィギュアスケート選手が何故そこまで未知子に拘ったかという理由も弱かった。
勿論、出会い頭の、「君のジャンプの確率は何パーセント?」っていうクダリで
この人なら分かってくれるし、その覚悟が伝わった、・・・のだろうということは分かる。
しかし、普通の感覚なら、そんな大口叩いた癖に骨折するなんて
やっぱり信用ならないヤツ・・・となるのが通念だろうに。

元々未知子の噂を聞いていて、彼女しか出来ないと信頼を寄せていた、という設定なら話は分かるのですが。


更に、今回のメイン、敵役の黒須院長。
最後の最後でヒールになり切れず、未知子を助けてしまう。
そこに彼の本心をチラリと伺わせる訳ですが
そのインパクトも爽快感は薄いんだよなぁ。

貧乏からの金への執着、執刀のできない手という病。外科医から何度も手術失敗されての外科医不信。
そこからの、薬物至上主義への邁進。

今までの悪役とは異なり、少し医学への信念が見える辺り、ヒールになりきれなかったクライマックスの共闘を
不器用な中に年老いた大人の性として、描かれていたのは好感が持てた。
だからこそ、彼をもっとフューチャーするようなシーンがあっても良かっただろうに
何故かここも無駄なシーンが多く、別なことに尺を取っていて。


そもそも何故そんなに彼が薬投与派なのかということは
冒頭で、医学社会の崩壊とフリーランスの横行というこの世界観ならではの世界情勢を述べているから
そこは割とどうでも良いんですよね。
その中で、何故未知子を敵対視するのかは、外科を憎むくらいの激情が欲しいし
少年が未知子を信頼するのかも、その根拠はもっと明確に描かないと。

この脚本家さんが、群像劇を描くのが下手すぎるのか
このドラマが極力そういうウィットに富んだ部分の削除を要求されているのか。

こんななら今までのように
患者を奪われて嘆く関係者がたの苦悩と挑戦を描いた方が面白かったかもしれないとさえ
思われてしまっても仕方ないだろう。



後半の加地先生と原先生を巻きこんだオペシーンは、流石なレベルで文句なしに圧巻!
文句言いながらも付き合っちゃうこの二人とのコンビで、もう、往年ファンとしてはニマニマが止まらない!
何たるサービスショット。

夜中に呼び出されたんだw
で、駆け付けるんだw
未知子も何気に「私が一番信頼する医師です」とか言っちゃってるし!
このツンデレめ!(違)

そもそも温泉で昌さんに偶然遭遇しちゃう加地&原。
橋の上で未知子に絡む会話の良さとか、もうファンサービスもいいとこだ。
おいしすぎるよっっ。

そう考えると、加地先生、原先生が出てきて徐々に懐柔されていった第一期シリーズが
如何に名作だったかが、垣間見れるというものである。


サービスショットと言えば、昌さんのスキップは名物ですが
今回は彼がそこまで回復したという方に感涙。

今回の黒須医師こそが、旧知の仲で、医師免許剥奪されるきっかけになった人・・という
さり気なく恐ろしい過去まで出てきちゃいました。


米倉さんの相変わらずのスッキリする演技はブレ無く爽快でした!
最後の昌さんに怒られている時の子猫みたいな顔、可愛かった・・・v
また、アシスタント?の麻酔科・城之内先生とのコンビも黄金スタイル。
オペでの息の合い方はカッコ良かったし、ここは痺れる~。



間延びした感じが勿体なかったとはいえ、久しぶりにスコーンと楽しめました~。
そういえば最近こってり系のドラマばかり見ていたので、あっさりと楽しい。
その意味では、ドロドロと深く人間の業まで切り込むような展開はせず
敢えてあっさりと流したこの脚本は、総合的には世界観を崩さない一貫したスタンスがあったと言えるかもしれない。

シリーズ再開、楽しみです!
できればまた加地&原コンビ出してください~!
関連記事
スポンサーサイト
[ SPドラマ ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんばんは^^

ドクターX は、家族みんなで楽しみにしているドラマです。
黒須っていう人は、やっぱり外科の人だったのかなぁ~と思ったりしました。
口で何やかんや言いながらも、水素ガス(を置いてあることについては冒頭でふれていますが)常備していたり。ただお金があるからっていう理由ではなく、
外科手術には、必要なものと一番感じている人だったのかなぁ~と思いました。

このドラマのいいところは、脇役もキャラクターがしっかりと描かれていて、
役者さんたちもさじ加減がうまいというか。脚本、構成がうまいですね。
加地先生、原先生コンビは、ドラマの見どころの一つですよね。
そして、大門先生も何やかんや言いながら、加地先生を信頼しているというか。

フィギュアスケートファンの私としましては、4Aのジャンプシーンは迫力がなく
残念でした。そこはこのドラマの見どころではないのですが、4Aっていうぐらいだから
そこはこだわってほしかった!!トリプルアクセルもすごいのよ~。
体の軸も絞り込まないといけないし、遠心力かかるからあんな余裕な表情なわけないじゃない!フィギュアスケートのジャンプを馬鹿にするな!と、妙に熱くなってしまいました;;
大門先生にこだわるわけは、試合で100%で決める難しさを知っているから、
それができると言い切れる努力をしてきた外科医、ただそれだけだと思います。
他の医者とかかわるときに、そのあたりを少し描いてくれるとよかったかもですね。

「ドクターX 」の世界観を壊さずに、これでよかったのかな?と思います。
役者さんの演技がいい塩梅ですよね。
楽しませることは、ふざけることではないということをわかっていらっしゃる。
制作する人たちのこのドラマへの愛情を感じますよ。
ビートたけしの滑舌の悪さはあれですが、面白い役柄だったと思います。
これがシリーズだったら、どんな人なのかを描く時間もあったのに・・・と
ちょっと残念です。

「十月が楽しみ!」新シリーズへの期待が大きく膨らむスペシャルでした。
2016/07/10  | URL | たかとも #- [edit]


こんばんわー!ドクターX!楽しかったですね!
またご訪問くださりありがとうございます!

そうそう!このドラマの魅力は何と言っても脇!ですよね~!(=^・^=)
役者さんがベテラン勢ぞろいなので、さじ加減などが絶妙すぎるわ、個々の魅力は高いわで
何とも贅沢すぎですv

やっぱり加地先生&原先生コンビですか!ですよね!もう二人が出てくるだけで私もニヤニヤが止まらないです。
第一シリーズからご覧になっておられたと見受けましたv


仰いますように、世界観は壊さず、変な冒険もなく、王道をあっさり見せ切ったのですから
これはこれで良かったかな。ドラマへの真摯な愛情がありますよね。(^^♪
となると、ビートたけしさんの役はSPだから出来たイレギュラーだったのかな。
だからあんな、少しいつもより外科医っぽい人だったのかも。
私も彼をもう少し掘り下げて差別化を図ってくれてたら面白かったのにと思いました。

でも次回への期待を膨らませる中間としての役目は充分でしたね!


フィギュアスケート選手。
ああ、それだ~!他医師との比較をしてくれたら分かり易かったんだ~。
何で投薬治療じゃ嫌なのかが雑でしたもんね。
未知子の腕前を知らない筈なのに信頼するっていう無謀な描き方をするから違和感感じちゃう訳でして。

彼のターンは全体的に雑でした。
ラストの復活ステージ!スローで誤魔化す気だろうなとは踏みましたが、ここまで手抜きとは。
もっとなんか演出方法あったでしょって思います。

そもそもドラマの肝が彼の病気で、呼吸の浅さとかの改善だったのだから
ただ飛ぶだけでなく、もっと激しい動作や、踏み込みとかを入れて
凄いと視聴者にも思わせないと、前後の変化が伝わりませんよね。
ふわふわ飛べてれば良いわけじゃない筈なのに。


今秋!どんなシリーズになるんですかね?
「御意」軍団との対決、私も楽しみですv
2016/07/11  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1043-f7e78fa1
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。