Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2016*06*16(Thu)
金田一少年の事件簿R 白蛇蔵殺人事件第1話感想(週刊マガジン29号)
久しぶりに帰ってきました!ブランクあるのに画が雑です!でも古村伝説コテコテだ~!
頭巾の被り方がこれでもかというお馴染みスタイルで、逆に安心しました。
こってり伝奇ミステリーが開幕です。


とまあ、お馴染みの文句をとりあえず言っておいて、そこはもうスル―。
美雪ちゃんだけが可愛いから、まあ、もういいです。

物語はどうやら金田一真骨頂な、廃れた農村に於ける前衛的空間が舞台の模様。
どうせまた、少し保守主義的な村民とか、退嬰的な縛りに制限された異様な雰囲気が出てくるんだろう。
金田一ワールドらしいですよね。独特な世界観が楽しみです。

登場人物はお馴染みメインカプ。(カプと言っていいのか・・・v)
剣持のオッサンと共に向かうはじめちゃんと美雪ちゃんの三名コンビ。
かなーり王道路線で行く気勢が感じられました。
これまた楽しみ!

少し三人だけの会話とかあるといいな~。
『人形』の時はいつきさんがいたこともあって、あまりオッサンとの会話がなかったし。
いつきさんはいつきさんで大好きだから、あれはあれで。

半分ノリで行きたいと言っちゃったはじめちゃんの冗談を真に受け
本当に仕事に同行させてもらっちゃうはじめちゃん。
〝まさか本当につれてってくれるとは・・・〟ってはじめちゃんが可愛かったv
連れてってって・・・w

そして連れてっちゃうオッサン・・・w

なんかオッサンの中のはじめちゃんへのスタンスが垣間見える・・・。
もう可愛い息子同然なんだろうなw
しかしはじめちゃん、オッサンと同室に今更文句を言うw

フクロウカフェは、すっかりご近所の雑談スペースの場を確立したな。


ゲストキャラは、また女将とか着物娘。ちょっと新鮮味が薄いと思ったら、割とリアクションが新鮮。

「本物の刑事さんですかぁ?」

蒼葉、若いな。今どきの女子高生って感じだ。
言葉使いも若そうだが、これ、実はちょっと訛ってたりしたら可愛いな。

オッサン、たかが17歳の女の子に、逃亡犯ネタをバラしてどうするんだろう。
普通は女将からだろう。
それより、未成年には普通遠慮というか戸惑うよな。


それにしても、近いスパンで、ワイン、日本酒と酒ネタが続きますね。
またお酒のウンチク入れてくれないだろうか。
最後の酒蔵見学なんて、気泡の含まれた湧き水とか、うねる水流とか、ちょっと面白かったです。

まあ、所詮醤油だの味噌だのと一緒で、発酵させるだけじゃ画的にはつまらないか。
画的と言えば、冒頭にも言いましたが
少し画が雑でデッサンがちんくしゃに狂っているので
結構年齢層高めのオヤジシリーズになる筈なのに、ジジ臭くみえない・・・。

子供っぽい絵柄だなぁ・・・。むー。

あと酒造見学ということで、白衣とキャップを付けるので、紙面が白っぽいのと
顔の描き分けが・・・って部分が気になりました。
そんなに差別化してキャラデザインしてなさそうなので、分かり難くなりそう。
酒造の蔵を舞台にするのはこの回だけだといいが。

あ。はじめちゃんはマユゲで分かります。(笑)


状況解説だけで終わった第1話でしたが、ラストでいきなり物語が動き出す。
その入り方ははじめちゃんの台詞から。

「白蛇がのたうつような水に流れを見ながら、ふと――俺は言いようのない不安に囚われた。
 ――その不安は大抵的中する――・・・・」

おおう~!
はじめちゃんならではの台詞v
そして出てきた頭巾を被った男。
流れも速く、鍵の紛失が既にコワイ。

雰囲気としてはバッチリですが、なんだかかつてのシリーズのリメイクっぽい流れだ。
5年前に死んだと思われていた次男だとか、火傷した顔だとか。
以前にも似たシリーズあったよなと。色々脳裏を過ぎったぞ。
そして金田一では頭巾を被るとなると何故必ずそのスタイルなんだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1032-58ede2c1
trackback