Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2016*06*05(Sun)
3×3EYES 幻獣の森の遭難者 第3巻 感想
b-33eyes4.jpg
やーっと三只眼が出てきたぁぁ~と思ったらカーリーに全て持っていかれました!
なんって可愛いんだ!
寄ると触るとぎゃあぎゃあ弾く狂犬みたいだった子が乙女に成長してる!
あまりの可愛さに、超主役の三只眼が霞んでたよ・・・。あんなに焦らして待機してたのに。


カーリー。
第一期では実はそんな好きになれなかったキャラでした。
彼女なりの思う所はあるんだろうし、ある意味棘棘しくて強烈ではあったのだが
なーんかすぐ破壊衝動に出るところがイラッとくるとか。
ストーリー的にはオイシかったんでしょうけど。
何分、描き切れていなかったというか、彼女の心の深さを堪能するまでには至らなかった。

それよりもカーリーが出てきたころの一期本編って、もっと世紀末風の荒廃した背景がどす黒く
打つ手なしと追い込まれた八雲くんの方に集中しちゃってて
別段意識してなかったというか、呑まれていたというか。

もっと、八雲くんに心開くような展開とか、彼女なりの共闘意識とか
そういう常識的な価値観の上での擦れ違いとか、深みを込めた展開があったら別だったんだろう。
あの頃のカーリーって生まれたばかりの教育水準の低い赤子で
それ以上でも以下でもなく終わってしまったという感じ。

その希薄さをカバーしようと、自己主張しているかのように本人もただ何でも怒り狂って破壊しまくるので
感情的な面で共感というより、ほんと迷惑キャラで・・・(笑)

ただ、鬼眼王のために造られ、ただ彼を想い焦がれ、まるで恋してたかのような盲目さで
最終的にサンハーラの中で彼と融合したのは
ある意味彼女にはハッピィエンド?と思えて、結末としては気に入っていた方。


ところがところが。

時は流れ、12年後、そんな小娘がまさかまさかに、ここまで可愛い乙女に成長してようとは!!
二期で登場した時も、八雲くんが溜息ついてたから、あのまんまか!と思ってたのに
いつの間に!
ベナレス!何をした!ベタぼれじゃないかvvv

一端の思考能力も備わり、これなら共感も出来そう。
ベナレスを自分のために呼ぶことに堪えるシーンなんて、可愛すぎてグリグリしたくなったよ!


それに、気のせいか作者さんも一番気合い入れて描いていないか?

なんか一番可愛く見えるんだが。
棘棘した性格のままにピンピン跳ねてた剛毛っぽい髪形も、今となっては可愛さでしかないv

パイちゃんより可愛い。
なんかパイちゃんは目と目が離れすぎな気がして、顔がのっぺり見えるから
いじらしい仕草も萌え度半減。
八雲くんはオヤジみたいだし・・・。顔が伸びた感じ・・・・?それにもっと糸目でいい・・・。


絵柄も変わってて、このシリーズはぶっちゃけ全体的にそれほど可愛くないので、ちょっと微妙である。
綺麗な絵なんですけどね。
とても丁寧に描き込まれているのも好感持てるのですが。

その分、キャラの内面が事細かに人情的に描かれているので、プラマイゼロって感じです。

けどカーリー、めっちゃ可愛く描かれてるぞ!!
なんでだ!

衣装のセンスだが目下の悩みどころである。
前巻で「なんだその服」と八雲くんに突っ込ませていたところからしても、わざとなんだろうが。

前巻から、舞鬼の心理描写といい、この第二シリーズは旧キャラを更に掘り下げているのが特徴的に見えます。
しかも、そのセンスがとても可愛い系なので、読んでいてニマニマしてしまう。
大作と呼ばれた前シリーズを、キャラを発展させることで広げる手法で来たということか。
中々センスが光るところだ。


ハーンの「俺は藤井に命を賭けている」

かーっこいい!
彼の八雲くんに対するスタンスは凄く好きで、ブレてないところもおいしーv

それにずっきゅーんとスーパー乙女星人になっちゃう葉子ちん。
そうだよね~たしかハーンにハートを打ち抜かれたのが
粉々になった八雲くんを見つけた時だって番外編で言ってましたもんね。

八雲くんが大好きなハーンが好きっていう恋の形、すごく気に入ってます。
そういうのもあって良いと思う。


セっちゃんはベナレスを間近に見て、怖くなって戦えないって泣き出して。

「無理・・・セツには出来ない・・・怖い・・・」

ここも可愛かった。
小さな子だからまだ戦うこと、巻き込まれている己の育った環境などの意味が
ここまで大事になっていることの補足説明にもなっていたし、葉子ちゃんとハーンの夫婦喧嘩も
きちんと意味あるものになってて、良かった。

セっちゃんが戦えるかという過酷な決断ネタで、ここまで持って来られると
もう前作ファンとしてはごちそうさまとしか言えない(大満足)


ただ、そんな横軸が豪華な分、メインキャラ、八雲くんとパイちゃんの変化は乏しく
まだ然程、二人の絆な部分も見えない。
これからってところでしょうか。

三只眼。
やーっと出てきた舞台は、まあまあのドラマ性でしたが、それでも、もう少しなんか・・・特別感が欲しかったなぁ。
みちるが戦う決意をして、それに合わせて出てきた様子で
周りにとっては初めて見る人なんだから、その変化とか衝撃とか、特別感をもっとページ割いて描いて欲しかった。
台詞とかももっと増やして・・・。

私のカタルシスも低いよ・・・。

ま、すべてカーリーに持っていかれたんですけどね!



そうして、最終的にカーリーの危機で无であるベナレスがついに登場!
ほぼ、それがこの巻のメインでした~。

ベナレスを滅多なことでは呼びたくない意地っ張りさん。
でも窮地に追い込まれて、まずは自分から「ベナレスを呼ぶぞ!」

ここから分かるのは、そうか~なんか天に呼んだら舞い降りてきてくれんのか?
なんだそのロボットアニメのような設定。
ちょっと燃える。


んで、ベナレスに
「お前を護るためならば地獄へ落ちるも厭わぬ!」
なーんて言われてまっかっか/////

かーわーいーvvv
もうこのシーンだけで大満足でした。



ストーリー的にはまあまあのテンポ。
ぶっちゃけ、面白くなくはない。
一期を知っている人間としては、いつ挽回するかという期待と共に、八雲くんの欠けた部分が不安定要素となって
今後に興味を抱かせる。

また、ついにベナレスと再会した八雲くんと、その会話とか、バトルとかは
異常に燃えたーっっ。
かーぁぁっけぇぇぇ!!!!
やーっぱ、こうこなくっちゃねぇ。

ゲゲネイスで歯が立たない相手に、身体の小ささを物ともせず
見開きで正面衝突!
獣魔合戦だった一期と違って、少しシールドを使いながらの接近戦は
勢いもあるし、焼けつくようで、熱かった。

ガンガン攻めてる感じがたまんなかった。
(その横で応援しているカーリーがまた可愛くてくっそたまらん//////)

スピード感とか、バトルセンスとか、やっぱりこの作者さん、上手い。
凄く迫力あって、かつての大戦を彷彿とさせなければならないだけのスケールもあって
ここも大満足。

それに、ベナレスの台詞が、やっぱり八雲くんにだけは昔馴染みの慣れがあって
そこもニヤリ。
そうそう、ひょっとこ出のゲゲネイスなんか目じゃないっての!


でもねぇ・・・・。
ぶっちゃけ、これを新規として見ると、そこまで面白いかなぁ?
客観視すると大分疑問が残るのも、残念ながら事実だ。

さっきも言ったように、旧キャラを発展させて深みを出している面白さがある一方
主役級と、新キャラには然程魅力が備わっておらず
ゲゲネイスがベナレスを担ぎ出したまではいいんだが
「そして、アンタの配下、新しい九頭龍将にノルマルテを使え!」とか言われても。

別にこっちはそこまで衝撃はない。ってか、どうでもいい。


新キャラとしては、みちるはまあまあ可愛いからいいんですけど
ノルマルテとか、あまり魅力なくて、むしろ流し読みで良いキャラな気がして
ストーリーに入り込めないんだが。
私だけだろうか。


そもそも、最初に言ったけど
新シリーズをまだベナレスで引っ張るの?って辺りも、そろそろお腹いっぱいなので
出来れば新たな敵を出してほしかったところなのに。

ベナレスには、もう八雲と戦うつもりはない、くらいの潔さで敗北を勲章のように抱き
一歩引いた中立層として存在してほしかった。

カーリーの存在が今後なんらかの副作用になってくるとしたら、面白い。
例えば、旧鬼眼王は破壊神であったけど、恋したカーリーは存在意義を別な所に求めそう。
そんなカーリーに従うことで、心が変わっていく・・・とか。

ちょっと乙女チックすぎですかね。(まあ、言ってみたかった)


三只眼の非凡さもあまり出ていないことも、このシリーズの目的ってなんだろうとか思う。
最終的な狙いは、八雲くんの完全復活への軌跡だと思うんだが
それをベナレスとの戦いをクッションとして導くのだとしても
脇役がここまで魅力感じないと、クライマックスが盛り上がらない・・・。

ん~、今後、もうひと筆、なんらかの起爆剤を期待したいところである。


*:*:*:*

番外編が二つ付いてた。
お得感満載。

特にバイキングの同窓会の話は良い。
夏子とか懐かしのキャラとの成長の比較とかは、正にこの漫画の根幹でもあるから
時が流れる程に開く差が、八雲くんの悲哀を露わしていて
そうだよ、昔はこんな孤独と葛藤もあったんだよな~とか思い出した。

ちょっとしんみりして、でもほんのり温かい良品だった。



※時間切れでラクガキ。
カーリーが乙女になっていたので。こういう元気娘は大好き。
あの服、ベナレスの趣味とかだったらどうしようvvv
もっと可愛い格好をさせてツンデレするベナレスとか見たいような見たくないような。

後日ちゃんとペン入れして仕上げたいです。こっそり変えておきます~。
関連記事
スポンサーサイト
[ book-extra ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1028-fcf405c5
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。