Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと漫画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
2015*09*19(Sat)
増すコミ(名島啓二)と思わせて波打際のむろみさん 感想(週刊マガジン42号)
b-muromi3.jpg
まさかのたっくん登場にはしゃぎました~v この人はこういうクロスオーバーみたいなの結構やってくれるから
実は密かに期待してたのですが
でも一番のHIT漫画ということで、期待させるだけさせてやってはくれないかな~と思っていたら
新作単行本宣伝を兼ねた余興で、たっくん登場ですv

『増すコミ』はほぼスル―してます。
なのに!まさかのたっくん登場!vvv

うわぁ、久々に見たー!!(*☆▽☆)w
たっくんのむろみさん(の存在意義)を護る思考が男前で、往年ファンにはオイシイとこどりv
むろみさんはラスト一コマ、顔すら出ない出演ですけど
彼女は主人公だったから、この扱いでいい・・・v


新聞部にむろみさんをスクープされないように、電話もしない感じで浜辺へ向かうたっくん。
合わせる気はないんだなv
甲斐性たっくん。

これはあれですか、ラブラブエンドの後ってことで良いのか?
あれ、ラブラブエンドでたっくん卒業したっけ?
・・・・まあいいや。

ラストにキャッチ&リリースしちゃって、むろみさんに蹴飛ばされてる感じも、ニヤニヤです//////
いやぁ、やってくれました~vvv
久々に甘い二人を見れました~/////
あーりーがーとー!!o(≧▽≦*o)(o*≧▽≦)o


※ラクガキ
久々にテンション上がってこの二人のいちゃこらぶりをv(でもラフ画)
どうしても夕暮れの海辺のシーンが似合っている気がしてこんな背景になっちゃう。
放課後、学校帰りに釣りに出るイメージが濃くって。

たっくんが大学生になったらもうちょっと変わるのかな。
この二人、あの後どうなったんでしょーねー???


次週(43号)からはいよいよあっしーの新連載が始まりますね~//////
超激楽しみです。
予告カットの仲間メンバー勢揃いや、簡単な粗筋では、実はまだ気持ち的には半々なんですが
あっしーの画をマガジンで毎週見られる嬉しさは変わらず!
好きなんだよな~ちょっと特徴的な漫画技法が。
そして主人公の黒髪&三白眼が、ちょっとキッドくんみたいで、既に突っ伏しているvvv

***あらすじ『炎炎の消防隊』***
人が突然燃えだし炎の怪物〝焔ヒト〟となって暴れ出す原因不明の人体発火現象。


↑この時点でももうかなりのあっしーワールドである。

いつ訪れるか分からない発火の足音に全人類が怯える中、炎の恐怖と謎に立ち向かう組織・特殊消防隊。

↑はいはいはい~vvvv
この大人でない特殊部隊ってとこで、安定のクオリティが妄想出来ました。(過去形)

後は、あっしーのキャラは必ず何か少し色というか癖が付いてくるので
その辺が楽しみなのと
それから、炎がかなりのキーワードみたいですから、その画一的でない画的な描き方かな。
その辺に期待してますv

週刊マガジンで、王道スポーツモノに混じって、このSFチックなテイストが何処まで馴染むかも
編集者側は期待しているのでしょうが
結構えろえろなのも規制なく描いてくれちゃうし(笑)
フェアリーテイルみたいなファン層に受け入れられそうな予感。

後はストーリー次第ですっ。
あ~も~早く始まんないかなっ///////
スポンサーサイト
[ muromi ] CM0. TB0 . TOP ▲
2014*05*29(Thu)
波打際のむろみさん 最終話感想(週マガ26号)
b-muromi2.jpg
たっくんが落とされた(爆)・・・いや海にではなくw
むろみさんの粘り勝ちだったか~♪
思えば出会い早々からアタックし続けて、ようやく淡い恋も実って、甘酸っぱいラストでした~。
良かったねぇ。むろみさん。((*/Д\)キャッ

そして、超無難な大団円でしたね~。悪くはないかな。
全員集合っていうのは、異生物交流と銘打って繋がりを描いてきたこの漫画の真骨頂だった気もしますし
似合ってるかも。

でももうちょっとたっくんとむろみさんの会話を引っ張って欲しかった~。
中途半端だし、富士さんが飛んでくるって、それ、むろみさんのてっぱんじゃーんっ。。(≧0≦●)。。
飛ばされるギャグもスベってみえて、そこだけガッカリ。

たっくんにはガッツリ言って欲しかったっ。

ちゃんと二人きりの気持ちの確認をした後、後日に「いつの間に!?」みたいな流れで
ワラワラ集まってくるって方が良かった・・・。

隅田さんを久々に見れたのは嬉しい!
同じ様に、久しぶりに見れたキャラに喜んだファンもいたでしょうから
やっぱラスト全員集合は嬉しいですね!うん、すっごく良かったかも!


むろみさんの恋は長い悠久の時の中で、束の間のひまつぶし、と言っているように
よくよく考えると
たっくんの生の長さだけ、恋が実るという、なんともちょっと切ない感じがたまりません。(>_<)
そんな悲壮感まったくないけど。
俺が死んだ後は、誰か他の男に・・とか考えるとちょっと悔しいっていうか嫉妬というかw

むろみさん本人はそんなのとっくに超えちゃってる辺りが味なんですけどねw
そこさえ笑いに変えられるというかw(お笑い芸人のようだw)
でもそれでもやっぱりオンナノコだし!

「急にごめん・・・でも俺・・・」
「まあまあ落ち付きー。順を追ってゆっくり・・・」
「・・・むろみさん、時々すごい年上っぽいこと言うからずるいよね」
「なにを~~~?あたしはいつだっておねーさんやろーが!?」

この会話にクラクラしました。もう理想的っ。
この二人はこんなかんじで寄り添い合っていくのがイイっ。
そんで、押され気味のたっくんが、これまた時々卓越したこと言うからイイコンビなんですよね~。(●´艸`)

このあと、乙姫さんのように、命手に入れちゃうか?!
いずれにしても、たっくん、よく決意したなぁと!
オトコになったぜ!

・・・・や!
この漫画の醍醐味はそこではないと重々承知の上なんですが
でもこの二人の出会いから全てが始まったので、ここはちゃんと落としてくれないと!
この二人がラブラブだと嬉しいです。
むろみさんの生の長さがね・・・・。なんとも言えなくて。
こんな青林檎系ラブがあってもいいんじゃないのと//////


ストーリーエンドとしても
たっくんの大学生活がこれまた気に入りました~。
むろみさんと出会ったことで、ある意味究極の境界線を越えてしまったたっくんは
最早何を恐れることなく、地球旅。
地味系だったのに、急に行動派になっちゃって♪

でもそれも、みんなむろみさんと出会ったことから始まった扉、と考えると
終幕としても最高です。
思えば、折角のたっくんの初海外旅行で、何で二人のランデブーにならないんだwと
焦れていたのも、このオチのためだったんですね~。
そっかそっか。

これから先は何処へ行ってもむろみさんが居るのね。(〃▽〃)
そうして二人で世界中を見て回るのか。
地球全部がデートコースってか//////

楽しそう~。
むろみさんらしくていいな。

何処に行ってもむろみさんがいるっていうのは、たっくんに帰る場所はいつだってむろみさんの所で
そう考えると、地球賛歌のような明るい未来が感じられて、読後感良かったです。
気に入った!
[ muromi ] CM0. TB0 . TOP ▲
2014*01*30(Thu)
波打際のむろみさん イラスト付き
b-muromi1.jpg
たっくんがアメリカに行ってしまったのでむろみさんそのまま追いかけるかと思いきや
ちっともラブジャーニーになってくれないので勢い余ってます。

むろみさん初描き。
この二人のイラストはもうずっと描きたいー!って思ってて
それとは別に、こう・・・水の中のハグっていうこの定番ラブポーズも描いてみたくて
どのカップルが似合うかな~とか悩んでいたのですが
人魚なら海中ぴったりやんと思いまして。

でも描いてから思った。
このシチュエーションは人間同士が愛余って水に落ちるのがたまらんのであって
片方魚じゃ魅力半減じゃんw

今度別カップルで同じ構図にチャレンジしたいと思いま~す・・・(^^♪
誰にしよう・・・。


でもむろみさんなら、いつかたっくんを海中に引き摺りこみそうではある。
これまでも何度かたっくんを景気づけようと海に落としたことがあったけど
いつかやる女だよ・・・w

別にむろみさんとたっくんの恋バナが欲しいんじゃなくて
この二人の会話が楽しかったから。


むろみさんもまた近いうちにもう一枚くらい描きたいな~。
この二人の画は去年から描いてみたいと思ってたのですが
何回か挑戦した痕跡がまだPCにあるままどれも中途半端で止まってて
ようやく一枚完成できて本人は満足ですw

でも思い切り時期外しているのでめちゃめちゃ寒そうだよ。季節違うよ。
[ muromi ] CM0. TB0 . TOP ▲
2014*01*15(Wed)
波打際のむろみさん #215余暇とむろみさん感想(週マガ7号)
ページをめくったらアメリカだった・・・(爆)
大爆笑!
・・・いっや~~!ひっさびさに物凄いインパクトでした!
まさかのアメリカ・・・w

いきなり推薦入学決まっちゃうたっくん。サクラサク。

オメデトウ。の片隅で。なぁ~んだよw
折角のすれ違い設定不発w

辛抱足らないむろみさんの奇襲とか
何となくむろみさんを思い出すたっくん・・・とか
結構ラブい妄想してたのに
全てスル―されました。(ある意味撃沈)

だかしかしっ!

まさかのアメリカ・・・・w
たっくん時間持て余してアメリカ行っちゃったよw (ノ∇≦*)
たっくん行動力ありすぎ。

そして私は妄想しすぎ。↓

きっと絶対むろみさんは現地飛ぶでしょ。
そしたら二人でアメリカらんでぶー❤ですかw
ついでにみんなも呼んじゃって日本と変わらないとかボヤいたりw
諸外国も連れまわされちゃったりして何気にむろみさんとツーショット撮りまくりでw
帰ってきたら新婚旅行とか級友にからかわれる訳ですかw


「大学受験ってアメリカ縦断クイズのことやったんや!?」
「テレビ番組のロケじゃないよ!!」

この最後のツッコミがまた後からじわじわとくる・・・・w
後からくるよ・・・・ロケって・・・ロケって・・・w


いっやいやいや!久っびさにヒットな回でした!!ヾ(≧∇≦)ノ
GJ!
次回が楽しみ!



>我妻さんは俺のヨメ
そこでシルヴィアさんですか!!
シルヴィアさんかっけー!⊿~!!

ちょっと失恋モードで切ないけどカッコ良かったよぉぉぉ。o(≧∪≦*)o

これで10年後の未来で夫婦になった二人の家にシルヴィアさんが入り浸るという未来だけは
呼び寄せられたかもね。
それは彼女にとっても幸せなことかもね。

ヘタレ青島もちゃんとシルヴィアさんにお礼を言えたのはよくやったという感じ!
青島はヘタレだけど
頼りないけど
外さないよな~。(*≧▽≦)bb
[ muromi ] CM0. TB0 . TOP ▲
2013*12*11(Wed)
波打際のむろみさん#212自粛とむろみさん感想(マガジン2・3号)
この漫画だけはサブキャラとの交流を素直に楽しめないんですよね~。
もうがっつりストレートにたっくんとむろみさんの夫婦漫才をやってほしいです。
異種族交流漫画なのにそこが楽しめないとはコレ如何に。

要は何が言いたいかと言うと
今回の話はすっごく良かったってことです。(//∇//)(平たっ!)

別にむろみさんのズレた生態を話題にしていた訳でもないですが
この二人の微妙な温もりがいいんだよ・・・・w可愛かった・・・・w

何でかなー?って考えた時思い付くのは
たっくんが突っ込むことでむろみさん自体のキャラの特異性が光るからだと思った。
むろみさんが単独でハーピーだのイエティだのと関わっても
むろみさん視点になっちゃうから稀有な部分が希薄になっちゃうんですよね。
その分突き抜けたドタバタ日常を繰り広げてくれるから面白いんだけど
みんながみんな突き抜けているから濃淡が弱い。

やっぱりたっくん視点のツッコミだけは質が違いマス。
質と言うかもう視点が。

そのたっくんから見た、何このヘンなひと!っていう可笑しさが
私的ツボなので
この二人のラブラブっぷりを拝みたーいというヤマシイ(笑)期待を置いておいても
たっくんとむろみさんのちょっとズレた恋愛話を描いてくれると楽しい。

尤もナビゲーターをたっくん一人に絞っちゃうと
やっぱり単調になっちゃう漫画なので
別に他の異生物交流がイヤだと言ってる訳じゃないんですが。
割合のモンダイです。割合。



しばらく来られないとむろみさんにわざわざ直接報告するたっくん。

「今日からやなくていいと?ダイエットは明日から的な発想やない?」
「ん・・・まあ・・・・来れなくなるのを伝えとかないといけないなーと思って・・・・」
「律儀やねぇ。電話かメールで教えてくれればそれでよかったのに」

このっ!//////
この微妙なズレなに!!
ニヤニヤしちゃった~。
たっくんのいつにない気持ちのスケスケ感に
不覚にもドキドキしてしまった///////

たっくんのベクトルが珍しくむろみさんに向かっているのに
(たっくんの方が、むろみさん寂しがると思って気を使っているのに)
そこの気遣いに気付かないむろみさんwww
ボケボケかぽー。

折角挨拶しに来たのにねぇwたっくんw(○´艸`)

むろみさん的には
何億年と生きているから、たかが数カ月会えなくたってそんなのどってことないんだろうね。
スケールが違うわ。人生の。

「しばらく会えなくなるわけだし・・・・」
「?・・・別にしばらく会わんごとなるだけやろ?」
「だからその・・・!」

この温度差wwww

「・・・例のごとく俺を待ち合わせの目印にしても俺いないからね!」

精一杯の捨て台詞www
こんくらいの距離感たまらんねぇ。

んでこの後、しばらく会えないって言われてねーと隅田さん辺りに彼女ヅラして宣言したくせに
あっという間にたっくん欠乏症になってたっくんちまで押しかけるとか希望(笑)

どうでも良い余談として。
このヒゲオヤジ。担任だったの?!!
[ muromi ] CM0. TB0 . TOP ▲