FC2ブログ
Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2018*07*03(Tue)
金田一37歳の事件簿 歌島リゾート殺人事件 第11話
第四のファントムだ!って、あ、言っちゃったよ。
第四って、まりんちゃんには何のことやらな連番ですが、推理にのりのりになってきたはじめちゃんの
タメ口推理&イケメンっぷりが健在でした!

そしてワタクシ、当てずっぽうで予想して犯人当てちゃったよオイ。
中盤で出てきた湯上り風人物は犯人説、今回もまんまであった。
海とか雨とかそういう水系ツールが出てきたときは要注意なんですよね。で、扉開けて「どうしたの?」って言う・・。

まあ、そんな上げ足取ってても、当然の如く事件的には真相は全く分からなかったので
麻生さんだったことはかなり意外でした。
危ない犯人ってフレーズ、そうか、彼女が剣持のオッサンが伝えてきた柔道経験者なわけでしたか。
女だからって、軽々と背負って首絞めるわ
男の襟首掴んで引き落とすわ
確かにあぶねー犯人です。

シャンデリアはやっぱりガラス越しでしたもんね、あの時落とされたんじゃないんだろうなとは思いましたが
ここでも背負い投げでシャンデリアにぶっさされ。
コワイコワイ。

ってゆーか、こんな力技な犯人なら
何で途中で台車で彼を運んだんだろうね~。やっぱり女だからマッスル系は禁句なのか。
普通に背負ってあげていれば、あんな廊下で誰かと出くわしても
彼、酔っちゃったみたいで・・・、ああん、おもぉい💛///なーんで言えば十分誤魔化せただろうに。
美人キャラなんだし。

色気と言えば!
そうそう、麻生さんは第一話で、はじめちゃんにでっかいおっぱい晒され辱められた人でしたよね(笑)
あれで、はじめちゃんに恨みとか抱かなかったのかなv
この後の告白編で
あたしの計画台無しにして!そもそも最初にセクハラまでしてサイテー!とか詰られたら笑う。
当初からなんかキャラが立ってたひとであった(爆)


氷を使った首つりトリック。
これは怖くてスリルもあった。
漫画だと――絵だと分かり辛かったですが、随分とでかい氷だったんですね。
人の体重を掛けてワイヤーだけ通しても、冷たさで元に戻っちゃうわけか。
鐘を鳴らすことでそこで殺人が行われたと誤解させるのは分かるけど
鐘ってモチーフもなんだか葬送曲みたいに聞こえるし
その合図が犯人に味方するおぞましさもあるし
氷っていう感覚の冷たさもあって、ここはかなり気に入ったシーンでした。


他メンバーはどうなっているのか。
逆にはじめちゃんとまりんちゃんの仲良しコントで進んでいく推理も悪くなかった。
ここをもっとクローズアップしても良いかもしれない。
美雪ちゃんみたいに手際よくなくて、息が合ってるわけでもないんだけど
でもバカップルみたいに、勝手にやってて、みたいな温さがあって。

次回はどんな人物背景を持ってくるか。
告白編、楽しみにしています。
煽り文句が「初の未解決事件」ってなってるけど、え、この危ないねーちゃん、自白しないのか?
確かに今の時点で誰もみてないって流れは初だし、意味深である。
まさかの犯人に同情で、はじめちゃん、気付かなかったことにする・・・とかあり?
オトナなんだから有り得そう。警察もいないしね。
明智さんは知っちゃってるけど、「俺の勘違い!」って誤魔化して
それを暗黙で察してやって了承しちゃう明智さん、とかでもいい。
んで、「俺も甘くなったなあ」なーんてぼやくエンドとか、オヤジ的v

まあちょっと変わった大人味のオチを期待してます!
ここまでは37歳の第一シリーズとしては悪くなかったと思いました。楽しめた。

あ、でも強いて一つだけ。
高校生金田一は事件の時代背景に多少疎くてもいいんですけど
(連載開始が昭和だから。違いましたっけ?)
だから多少のどらえもん時空になっちゃうのはムリもないですが
今回37歳として、このご時世で新たな出航を図った新連載となったら、もうすこしリアリティは欲しかった。

確かに俗世離れした孤島ではありますが
「多分俺らが駆け付けた時電飾はそのまま床に落ちてたんだろうが」ってあるけど
今どきの若者はスマホなんかでどんどん動画撮っちゃうゾ。
そしてネットで拡散。
「死体に目がいって気付くはずもない」なんてリスク、かなりハードだったという気がしてしまう。
ましてやはじめちゃん自身がもう子供ではなくなり、思考が成熟したと見てしまうから
こういう安直な感じは以前よりそぐわなくなっちゃいましたね。

そうそう!
今回のイブニングの表紙!カラーでおにぎり食べてるはじめちゃんですが
今まででいっちばん好み!!
こういうリーマンが好きだな。保存しとこう。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichi37 ] CM0. TB0 . TOP ▲
2018*06*25(Mon)
金田一37歳の事件簿 歌島リゾート殺人事件 第9話/10話
ちょっと時間が空いてしまいました。ちゃんと読んでますよ!結構楽しい!
はじめちゃんの新たな決め台詞「謎がすべて解けちまった・・・!」が出た所で、やっぱりさとうだなとか
一ページ使うのかとか思ったことは内緒ですが
解きたくなかったのにやっべ、解けちゃったよ俺!みたいな、何とも複雑な顔がツボでした。

その勢いのまま、一気に推理編突入~ときて
全員お利口さんにゾロゾロ集まってくれる高校生編とは違って、一人しかこないとかウケる。

ちょっと色々考えたなという感じ。
大方37歳にした意味が作者共々分からなくなりつつあった中、こういうのは後々楽しくなります。
だって、高校生編もまたいつかやるってキバヤシは言ってた覚えがあるし
となると、いざ高校生のはじめちゃんを見て推理編になった時
今はこんなに素直に集まってくれるのにね~、どや顔してるけど二十年後はあんた、孤独だよw
とか一人突っ込みしちゃいそう。私が。


そして10話。
サシで対決することになったはいいけど、この黒タイツがまた笑えた~vv

「何コレ・・・褒められてんの?」
「なんだコイツ!?ただのポンコツサラリーマンかと思ったら意外とめんどくせーぞ?」
とか、心の声は黒タイツですよねw 笑える・・。
今までのシリアスで生真面目な追い詰められ系犯人と違って、ちょっと人間味があって
余計ヤバイ奴ともとれるし、やけにリアルともとれる。

黒タイツ・・・成長してるw
「キミも黒い人になってみないか・・・」
な・れ・る・の・か!
単行本発売記念に、どうやら名前を使ってくれる権利に応募できるみたいで
応募する人いんのかな。
でもこんな笑っちゃう黒タイツなら、なれて楽しいかもですね。

あと、手首の脈は脇の下で消せるなんて、んなバカなーッと突っ込んだのは私だけか。
いやいや、バレるだろ。バレないの。うっそだろ。
死んでなかった桜沢さん。顔見知りじゃなく殺されるとなれば
やっぱり動機は誰かの復讐の線ですね。

容疑者一覧が出てこないですけど、犯人誰なんだろう・・・。
全くわからん。


二週に一度の楽しみとなってます。
しっかりと尺を取ってお話を進めて行ってくれているのも大きいです。
はじめちゃんも整って描かれていて見ていてカッコイイと思うし
とにかく一話目ということでとても丁寧に作られている印象がまだあります。
(だけどやっぱり一ページ使いが目立ってきた)

それと、ようやくさとうの苦手な伏線が露骨に入っていた。
「もしまたあんなことになったらー―」って推理を怯える様子が含まれてましたけど
現時点であんなことって、何を差してるのだろう。
普通に考えれば、四度目となるオペラ座の怪人ということで
毎回犯人に自殺を図られる危機を想定しちゃうのも無理ないなと思いつつ
ここはやっぱり、はじめちゃんが推理から遠ざかった過去を匂わせてもいると思いたい。

まりんちゃんがいることで、もしかして美雪ちゃんに何かあったことが男としてケジメをつけざるを得なくなったのかな
とか斜め上も考えたけどそれはなさそうだな。
だって、美雪ちゃんのラインでは普通に会話してたしね。
となると、なんか被害者出た系かな~。
関連記事
[ kindaichi37 ] CM0. TB0 . TOP ▲
2018*05*12(Sat)
金田一37歳の事件簿 歌島リゾート殺人事件 第8話
コナンと金田一の最大の差ってこういうとこだよな~とかしみじみ思った第8話。
あーやまセンセが少女漫画出身なこともあってか、こういう、ミステリーとは別の伏線が
悔しいけどほんと骨太で旨味もたっぷり。しかも放置じゃなくてちゃんと繋げてくるファンサービス付き。

それに比べてさとうというかキバヤシはほんとラブコメ下手くそだな・・!
成人誌移ってもこのレベルか・・!
しかも今回絵柄が高校生時代に戻りつつあるので最早違いがわからん・・!爆笑。

なーんていうかさ~、まりんちゃんに対してはじめちゃんが「最近の子は~とか「危なっかしい」とか
そういうイメージを持っているんだとしたら
もう少しはじめちゃんの目からみたまりんちゃんを小悪魔的に描くとか、工夫してくれればいいのに。
駒ばかりデかくてちっとも面白くない。ドキドキしないのが最大の致命傷。

「だから独身ですよ!」ってまりんちゃんが白状しちゃうのも早すぎた気がするし
まあ、嘘だとは読者全員が分かっていたわけで
だとしたら、こぉんな正面笑顔じゃなくってさ、少し遠近付けて全身像で背中越しにとかして
そこにはじめちゃんの哀愁を匂わせるとか
顎を少し持ち上げて、試すような口ぶりにして無防備さを出すとか
色々可愛くできただろうに、ほんとさとうは人物カットが平坦だなぁ・・・しくしく。

はじめちゃんの揺れ動く感じとか、何で美雪ちゃんの電話でないのかとか
コナンを読んでこっち見ると、青春の欠片もない。
コナンだったらここで「ドキッ」とした後にもう一コマ何か付け足してくるわ。しかもコマはでかくなくていい。
まあ37歳で青春もなにもないか。
だとしたら某名作シティハンターみたいな付き合ってないのにコンビな、あんな距離感を持ちつつ
ほかの女とのエピを描いてくれれば乙女心も擽られるというものだ。


さて。
今回はそれより気になったのが、はじめちゃん、もしかしてやっぱり探偵やってたとか?
爆弾投下。
やっぱり大学時代までは鼻高々に探偵っぽいことやってた、とか
それで生計立てていた、とか?
で、何かがあってマトモな職についた。しかもこれも誰かのコネ。
・・・・みたいなニュアンスが出てきて、ここは面白くなってきた。
そもそもこのご時世、新卒で就職できたこと自体、良かったなはじめちゃんv

まりんちゃんには、はじめちゃん、昔の美雪ちゃんを重ねているのかもしれないですね。
彼女的にははじめちゃんこそ真犯人ポジだったのに、恋する乙女の視界は薔薇色だった。


次に気になったのが、事件の方。
第一の殺人だった桜沢さん。もしかして演技だったのか。
一時的に脈を失くすくらいのリスクを冒していても不思議はない。医療関係者ってのを利用したか。
で、仲間に裏切られて殺されちゃったと。

でもまさかの「柔道」
このキーワードはぶっ飛んでてさっぱりわからん。婚活じゃなかったのかよ。


そしてそして!
はじめちゃんに火を点けたのはオッサンでした!
でも火を点けてくれなくても良かったなぁ。
やりきれない顔にして、「ま、しょうがないよね」って表情のシーンでも意欲は充分伝わったし
高校生バージョンと露骨に差別化してくれた方が楽しめる。
まあカッコイイからいいけど。
もう少しウダウダと煮え切らないはじめちゃんを引っ張ってくれても味だった。
そういうシリーズだと思っていたのに。
中年感がまるでなくなってきているのが唯一の不満です。

それにしてももう単行本一巻分になったのか~、早いな。
これはほんとおススメだし買う。6月か。どうせなら表紙も今までとは違ったちゃんと凝ったのとかにしてほしいな。
関連記事
[ kindaichi37 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。